Fw:お茶碗ここでいいですか?

刺繍する人のはきだめ。

#11 寂しさの所在について

ただのさみしがりやと思ってくれるな

 

抱えられるだけの寂しさはとうに引き受けていて

それでもあまりに余っているこの寂しさは、

だれにわかるものだろう。

 

期待や、当然、当たり前、普通、などの言葉で括られるものではないのだよ、君に、君という当たり前はわたしには当たり前ではなく、君のいう当たり前でないものがわたしには当たり前なのである。

 

しかしこぼしていく寂しさの一滴一滴も、いちいち拾っているはずだから、気づかれないでいくのである。

 

それでも、取りこぼした一滴をじっと眺める人もいることだろう。